• アトリエ18のinstagram
  • アトリエ18のfacebook

2023.03.22 自社について

WBC

WBC決勝戦ですね。

出勤すると、すでに盛り上がっていました。

一番盛り上がってるのが、社長です。

石原さんは仕事しながら観てます。(器用ですね)

現在3-1(日本-アメリカ)

がんばれ!日本!!

戻る

“自社について”の記事一覧

2023.05.31 自社について

4月出前デー

もう5月も終わろうとしておりますが、4月も出前の日が開催されました。以前のブログをご覧いただいた方はもしかしたらお気づきかもしれません。知る人ぞ知る、『牛肉の赤ワイン煮弁当』です。新しい出前を開拓しようと毎回、余念のないアトリエ18スタッフですが、この日はココだ!というお店に電話するもうまくいかず、でした。今回は大学院生のアルバイトスタッフが電話をがんばってかけてくれました。今回3回目の登場となるこちらのお弁当です。今回も美味しく、お腹いっぱいでした。ありがとうございます。

2023.04.19 自社について

3月出前デー

更新がおそくなってしまいましたが、3月の出前デーは、赤ワイン煮弁当です。2回目の注文です。豪華ですよね!赤ワイン煮はやっぱりめちゃくちゃ柔らかく煮込まれていました。美味しかったです。ごちそうさまでした。

2023.03.27 自社について

枚方市駅前のカキ小屋へ

某日、枚方市駅前に期間限定でしていたオープンしていた、かき小屋に連れて行っていただきました。社長、半そでですね。お隣の石原さんはニット着てます。ですが、この日はめちゃくちゃ暑かったので半袖でもいいくらいでした。 ひたすらカキを焼いてくれる社長。焼き加減の目安の為にタイマーを用意してくれていましたが、途中からカキの声を聞き始めた社長はタイマーを使わずして完璧なタイミングで焼き上げてくれていました。ありがとうございます!白いバケツ見えますか?この白バケツ3つ分+特大の北海道産カキを6~8つ、4人で頂きました。お腹いっぱいになりました。肉巻きおにぎりを持ってきちまった私は最後まで、社長に「カキ食べに来て肉巻きおにぎりはない」と言われるはめに。正直な所、お肉は持ってくるんじゃなかった。お腹いっぱいでした。ごちそうさまでした。全員の予定を合わせるのが難しく、カキ小屋に学生の福島君は残念ながら来れなかったんですが、別の美味しいものをごちそうになったみたいです。全員がお腹いっぱいになった日でした。

2023.03.22 自社について

WBC決勝戦、終了しました。

終了、直後のアトリエ18です。結果を知らない方は負けたと思われますよね。日本、優勝です!おめでとうございます!なんで、社長は頭かかえてるかといいますと、優勝が決まった瞬間、ガッツポーズとともに、パソコンの電源が落ちました。そんなことあります? 石原さんに、「はよ、つけてーー」と言ってる所です。ただいま、無事に閉会式を見ております。本当におめでとうございます。野球を知らない私は社長の解説(野次?)付で楽しく応援出来ました。

2023.03.10 自社について

橿原神宮

いつも西へ東へ走ってくれている社長の今回の行先は『橿原』でした。橿原神宮へ立ち寄ってきたそうです。いいですね!橿原神宮は神武天皇が第一代天皇として即位し、都に定めた場所で日本の原点と言われています。 高さ10mほどの鳥居をくぐって、中へ。この鳥居、大きさだけでなく何か違うと思いませんか?鳥居には朱塗りやコンクリート、白い鳥居などありますが、この鳥居は素木造りといって色を塗らず木の地肌や風合いをそのまま活かした鳥居なんです。この素木造りは皇室ゆかりのものであるという印なんだそうです。なのでそんなにホイホイ見られるものではありません。多分。 内拝殿と外拝殿。外拝殿は通常の絵馬の1600倍ほどもある大絵馬が有名です。外拝殿から内拝殿を見ると、その屋根越しに見えている黄金色の千木・鰹木は奥にある幣殿のものです。(幣殿は神饌をお供えし、祝詞を奏上する社殿です。) 出ました。『さざれ石』ですね。国歌でおなじみのさざれ石は、小さな石のすきまに炭酸カルシウムが入って一つの大きな固まりになったものの事です。日本を始めて平定した天皇である神武天皇の願いが込められています。『国民一人一人が結束し、国が末永く栄え、平和であるように』アトリエ18もそうあるべしと、社長は言ったとか言わないとか。

2023.02.24 自社について

東京 国立新美術館へ

こんにちは スタッフMです。先日、私用で東京へ行きました。その際、念願の行きたかった場所へ参りました。 国立新美術館です。 六本木にあります。眩しいくらい都会でした。黒川紀章氏の生前に完成した最後の美術館です。日射熱・紫外線をカットする省エネ設計でありながら周囲の森と共生する建築です。ガラスカーテンウォールが波のように美しい曲線を描いてますね。平日のお昼間は空いていて、天気も良かったので日常とかけ離れた世界へ飛び込んだかのようでした。隅から隅までゆっくりと歩き、じっくり堪能し贅沢な時間でした。 この円柱の上部 手前がレストラン、奥がカフェです。常設のコレクションを持たない美術館で展覧会、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、様々な教育普及プログラムの実施に取り組んでいるそうです。ぜひまた行ってみたいと思いました。

お客さまの声

お問い合わせContact

難しいご要望も、設計事務所なら
解決できるかもしれません。
相談料は無料ですので、まずはご相談ください。

お問い合わせの前に

  • Q. 設計を依頼する手順は?

    先ずはメール・電話にてお問い合わせください。土地をお持ちの方は土地の調査から。土地をお持ちでない方は土地探しからお手伝いします。資金計画をアドバイスし、その後ベストなプランをご提案。ご納得頂いてから設計契約となります。

  • Q. 相談する際に必要なものは?

    土地をお持ちの方は土地の資料があればお持ちください。

  • Q. イメージが具体的に無いのですが、一緒に考えてもらえますか?

    もちろんです。当社は設計事務所です。設計のプロがお施主様からお話を伺い 当社の省エネ設計という強みを生かしたご提案をいたします。

  • Q. 予算が少ないのですが、相談に乗ってもらえますか?

    予算内で、設計力を生かしたご提案出来るのが設計事務所の強みです。ご安心ください。

  • Q. 土地探しも手伝ってくれますか?

    土地選びは非常に重要です。土地を見て、直ぐにイメージ出来る設計事務所でないと正直土地探しは失敗することがあります。当社の方針として、土地選びはご同行させて頂いております。

お電話でのお申し込み・お問い合わせ
【受付】 平日9:00-18:00(土・日・祝日も対応可能)

072-812-3018