• アトリエ18のinstagram
  • アトリエ18のfacebook

2024.06.21 設計

アトリエ18と木

アトリエ18で使用している木材についてご紹介します。

アトリエ18ではお客様に無垢材をお勧めしています。

無垢材と集成材の違いは簡単にいうと

「1本の木から作られているかどうか」

この2つにはそれぞれにメリットデメリットがあるので、

どちらが優れている、適しているとは言い難い所です。

それでもアトリエ18が無垢材をお勧めする理由は、

  • からだに優しい天然素材
  • 風合いや木目の美しさ
  • 香り(リラックス効果も)
  • 調湿作用があるとないとか
    夏は湿気を吸収、冬は湿気を放出し、室内の湿度を快適に保ってくれる気がする)
  • ひずみやねじれという無垢材のデメリットがあるが
    熟知した大工さんにお任せしているので安定した状態の無垢材を使える


そのなかでも安定していてそこそこ強度の高い「ひのき」を利用することが多いです。
(構造材として使われる木材との比較)

傷がついてもどこまでも1つの木なので目立ちません。

ひのきは上記に加えて、「防虫・抗菌効果」もあります。

さらに伐採後に200年の年月をかけて強度を増していくので、暮らすほどに強度を増していっているんです。

アトリエ18で使用している木材は

吉野ひのき、吉野杉の2種類です。

吉野杉は人工の日本三大美林の1つ。

杉を使うなら吉野杉を自信をもっておススメします!

ひのきと比べて杉は柔らかい分、傷はつきやすくなります。

しかし、肌触りが優しいのが杉の嬉しい所。

木目も一般の住宅建築になじみやすい、おススメの木材です。

(ひのきは美しく高級感が出すぎる傾向があるのでお好みのクロスや調度と合わない可能性もあります。)

家を建てる時に、間取りや立地を最優先に考えると思いますが、是非材料にも目を向けてもらえると嬉しいです。

戻る

“設計”の記事一覧

2024.06.10 設計

ひらつー掲載、ねこの家

ひらつーさんで猫のために家建てちゃいましたにアトリエ18で建てた家をご紹介いただきました。キャットウォークや猫の特性なども調べた上で、人間にも猫にも住みやすいを実現させた家です。 例えば“キャットウォークの幅は〇〇cm以上必要“と調べると出てくるのですが、そのまま採用すると人間には邪魔。人間と猫、どちらにもちょうどいい。小さい敷地でも空間を有効に使いつつ、省エネもあきらめない。施主様と愛猫の楽しい暮らしが目に浮かびます。

2024.05.15 設計

省エネ住宅を選ばない理由は?

アトリエ18は省エネ住宅が得意な設計事務所です。省エネに関する知識と経験が豊富だからこそ、お客様の理想を現実に近づけることが出来る設計事務所だと思っています。しかし、家を建てる際に「省エネ」の重要度が思ったより高くない! →過去記事参照:家づくりで求められること 多くの方が現状の不満を「断熱性能」の低さとして挙げているのに・・・なんでやねん!という事で、憤りを覚えたので省エネ住宅のデメリットについて調べたろうやないかい。 【省エネ住宅のデメリット】 初期投資が高い------------------------------・高性能な断熱材・エネルギー効率の高い設備機器 専門知識が必要------------------------------・専門知識がある業者、設計者を探す手間 設備の取り換えが難しい------------------------------・どこでも取り扱っているわけではない と、上記の3点がデメリットとしてあるとの事。なるほど。これから家を建てたい方は興味があっても、上記のようなことを業者さんから言われてしまうと、「やめとこかな」「標準でいいか」となりますよね。そりゃ、そうだ。ではデメリットは本当なのでしょうか?アトリエ18が独断で検証してみます。【省エネ住宅のデメリットの真実】 初期投資が高い------------------------------・今は安めの断熱材も性能が上っている・環境や自分の暮らしにあわせて丁度いいものを選ぶと費用はそんなに高くない場合がある・ランニングコストが抑えられる(トータルで見ると安くなる) 専門知識が必要------------------------------・省エネを謳っている業者を探す・専門家だから安心して任せられる*業者さんを探すときに検索条件に「省エネ」も追加してみて下さい。たったそれだけ 設備の取り換えが難しい------------------------------・省エネの専門知識がある業者、設計者であれば心配ない デメリットのはずがメリットになっちゃいましたね。アトリエ18では大阪の住宅に北海道の室蘭基準を採用したりしません。お客様のご意向の元、暮らしに「ちょうどいい」を実現します。結果、思っているほど高額になることはありません。他の企業様でも、省エネに取り組んでおられる企業様でしたら、知識や事例をお持ちなので予算に対していい塩梅にしてくれるでしょうし、設備の取り換えなどのメンテナンスに関しても長く付き合っていけるはずです。その他、省エネ住宅にはこんなメリットも。・環境への配慮(温室効果ガスの排出を削減、エコな住宅)・補助金や税制優遇(省エネ住宅は国が推し進めているので補助金が用意されています。詳しくはアトリエ18や専門家まで。過去記事:「省エネ住宅の種類」も参考にしてみて下さい。)家を建てる際、ご要望は沢山あると思います。「間取り」「価格」「立地」「快適性」「耐震」「庭が欲しい」「駐車スペースは車2台分」「陽当たり」などなど。優先順位をしっかり決めて、お願いする業者を探すことをお勧めします。業者さんの決定は人柄や将来性も加味されると思いますが、その点で見たとき「省エネ」「耐震」はあきらめなくていいと思います。「省エネ」「耐震」にしっかり取り組まれてる業者さんが、ちゃらんぽらんな訳ない!まとめると省エネ住宅一択でしょう?という事になっちゃいました。企業様によっては自社仕様が高額に設定されている場合もあると思いますが、ぜひ長い目でみて一番よい方法を選択し、理想の暮らしを手に入れて欲しいです。アトリエ18は設計事務所だからこそ叶う「暮らしやすさ」×「ダサくない」を実現します!ぜひ、施工事例もあわせてみてみて下さい。

2024.05.08 設計

省エネ住宅の種類

『省エネ住宅』、今は当たり前。というぐらいに、省エネについて謳っている施工会社は多いですが、省エネ住宅って何をもっていうのでしょう?政府も推し進めている省エネ住宅について、過去の記事も併せてご覧ください。『窓の材質の選び方』『家の断熱性能をあげるには』 省エネ住宅の3つの基準 断熱・気密性能が高い家自体の断熱性能・機密性能を高めることで、冷暖房効率を良くし、地球環境・ランニングコストの面からも省エネルギー 性能の高い住宅設備給湯器やエアコン、LED照明など、性能のいい設備をいれて省エネルギーを実現 自家発電太陽光発電などを取り入れて、エネルギー作って使う。 省エネ住宅を検討する際に以上の3点からご予算や建築場所を考慮して、プロに相談しながら最適な省エネ方法を選択しましょう。 省エネ住宅には種類がある!? 省エネ住宅を建てる事は政府が推進しているって知っていましたか?政府は省エネ住宅建設を推進しており、基準に適合している住宅には補助金がでるんです! 省エネ住宅の4つの種類 長期優良住宅認定省エネ+耐震性やバリアフリー性などにも配慮され、安全・快適に長く暮らせる住宅。省エネ性能・耐震性・メンテナンス性の国基準を満たすことで認定される。 認定低炭素住宅二酸化炭素の排出量を抑えられるよう工夫された省エネ性能に特に優れた住宅。 ZEH(ゼッチ住宅)高断熱・高気密な住宅で省エネ・高効率な設備によって家庭のエネルギー消費量を大幅に抑えつつ、太陽光発電や燃料電池などによって消費エネルギーと同等エネルギーを作る。家庭での年間エネルギー消費量をプラスマイナスゼロにすることを目指した住宅。 LCCM住宅ZEH住宅と同じく、太陽光発電や燃料電池などを利用してエネルギーを作り出し、年間エネルギー消費量のぽ浦須マイナスゼロを目指すことに加え、住宅建築時、運用時、廃棄時もすべて含めて二酸化炭素の排出を抑える。住宅のライフサイクルトータルで二酸化炭素の排出量マイナスを目指す。省エネ住宅の目指す最終目標! どれも省エネ住宅ですが、どの認定を取るのか?もしくは取る事が出来るのか?こちらもプロに相談しながら進めて下さい。

2024.04.24 設計

家の断熱性能を上げるには?

住宅の性能は少し前に比べると進歩し、暮らしやすい家づくりの為に性能のいい部材が出ていたり、気密・断熱推しで売り出している所も多いのではないでしょうか。断熱性能を気にされるお客様も増えています。そもそも断熱性能とは何でしょう?断熱性能とは、家の中の温かい空気がどれだけ外に出ていくかを数値化したものです。断熱性能にも種類があります。 Q値(熱損失係数):外壁や天井、床などの各部位の熱の逃げる量(熱損失量)を計算し、各部位の熱損失量を合計したものを延床面積で割って計算します。※換気による熱損失を考慮。UA値(外皮平均熱貫流率):住宅の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値。※換気による熱損失は考慮せず。 Q値もUA値も小さいほど断熱性能が高いことを示します。では断熱性能を上げるにはどうしたらいいでしょうか?→A1 断熱材を性能が高いものにする→A2 窓を断熱性能が高いものにする壁から逃げる(もしくは入ってくる)熱は10~20%と言われています。それに対して窓からの熱の出入りは、冬50%・夏70%(地域によって若干の違いがあります)つまり、窓は断熱の弱点になります。性能が高い断熱材を使用するよりも窓の性能を上げた方が、ずっと断熱効果が高いと言えます。断熱性能をあげる窓の選び方はこちらの記事で紹介しています。 過去記事:窓の材質と選び方について 参考にしてみてください。

2024.01.29 設計

窓の材質と選び方について

省エネ住宅を建てる際に、とても大事なポイントである「窓」窓の選び方、設置の仕方によって家の省エネ性能に大きく影響します!今回はそんな窓についてお話したいと思います。窓は「ガラス」と「窓枠」で構成されていますが、それぞれに種類があります。 【ガラスの種類】 ①単板ガラス(低コスト)1枚だけのガラスで性能が低く、結露が発生しやすいです。②ペアガラス(中コスト)2枚のガラスで構成されており、ガラスとガラスの間に空気やガスが封入されています。③トリプルガラス(高コスト)3枚のガラスで構成されていてペアガラスと同様、間に空気やガスが封入されています。高い断熱性を持っていますが、ガラスの枚数が増えるため重くなります。断熱性能にこだわりたい方やお金に余裕のある方は、トリプルガラスをおすすめします。ある程度の断熱性能があればいい方はペアガラスがおすすめです。単板ガラスは・・・おすすめしません。ちなみにガラスとガラスの間の空間を保つために、「スペーサー」という部材がありますが、これにもアルミと樹脂があります。樹脂を選びたいところですが、防火窓だと使用できないこともあります。④Low-EガラスLow-Eガラスとはガラスの表面に金属膜をコーティングしたガラスのことです。Low-Eには放射熱を低減する効果があり、設置する位置によって「日射取得型」と「日射遮蔽型」があります。ペアガラスの場合、屋外側のガラスにコーティングすると「日射遮蔽型」、室内側のガラスにコーティングすると「日射取得型」となります。一般的には南面の窓には「日射取得型」、北・東・西の窓には「日射遮蔽型」を使用します。理由については長くなりそうなので、また別のブログにて書こうと思います。 【窓枠の種類】 ①アルミサッシ(低コスト)熱を非常に伝えやすいため、結露が発生しやすいです。アルミは強度があるため、枠が細くデザインがスッキリしています。②アルミ樹脂複合サッシ(中コスト)屋外側が耐候性が高いアルミ、室内側が熱を伝えづらい樹脂で構成されています。アルミサッシと同様、枠が細くデザインがスッキリしています。③樹脂サッシ(高コスト)熱を伝えづらく断熱性能が高い(アルミの約1000倍)アルミと比べると強度が弱く、重さがあるため枠が太くなります。この中では最も結露が発生しづらいです。 【窓が持つ役割】 窓は外部との繋がりや室内からの景色、法律上の採光等の確保や日射取得、日射遮蔽など様々な観点から、サイズや種類、設置位置などを選定していかなければなりません。省エネの観点から考えると、夏には窓から約70%も熱が入ってきて、冬には約60%も逃げていきます。家全体に占める割合を考えると、どんな窓を採用するかがとても重要です。省エネを考えるなら、「まず窓から!」アルミサッシはおすすめしませんが、アルミ樹脂複合サッシを選ぶのか、樹脂サッシを選ぶのか、家を建てる地域や予算など総合的に判断するのがベストです。

2023.11.10 設計

南向きの家がベストなのか?

南側に道路があれば  「南向きの家」  と言われます。 家を建てるにあたって、南向きの家は一番いい立地なのでしょうか? そんなこともありません。(もちろん一概には言えませんが) 単純に南向きの土地ということだけが、必ずしも良い敷地なのかと言えば、それなりにデメリットも存在します。 人気がある方角なため、土地の取得費用が若干高額になる事があります。 深めの軒、庇を設けないと夏の日差しで暑さや、床や家具の色落ち等の劣化が気になるところです。南側道路であれば前面道路からの視線も気になるところですね。 逆に北向きの家を考えてみます。北向きの家でも隣家とのスペースがあったり、北側の高い位置に窓が設けられているなど、条件が整っていれば、年間を通じて採光を取り入れやすいので、「北向きの家」でもデメリットを解消できます。 強い朝日や西日などの影響を受けることが少なく、柔らかい安定した日差しを得られるという点が北向きの家の大きな特徴です。 北向きの家についても、日当たりが良くない影響でいくつかの欠点が存在するのは事実です。しかし、この欠点に関しても取り入れる設備、2階をリビングにする等、間取りの工夫などで対処することが可能です。 南向きと比較すると、比較的費用が抑えられるという点が非常に大きなメリットです。方位の特徴にはそれぞれ一長一短あります。隣家との兼ね合いや土地サイズ等も含めてよりベストに近い設計を考える事が大事ですね。 省エネ計算を得意としているアトリエ18一級建築士事務所では、 デメリットを上手く活かし、納得できる家造りのお手伝いをさせて頂きます。

お客さまの声

お問い合わせContact

難しいご要望も、設計事務所なら
解決できるかもしれません。
相談料は無料ですので、まずはご相談ください。

お問い合わせの前に

  • Q. 設計を依頼する手順は?

    先ずはメール・電話にてお問い合わせください。土地をお持ちの方は土地の調査から。土地をお持ちでない方は土地探しからお手伝いします。資金計画をアドバイスし、その後ベストなプランをご提案。ご納得頂いてから設計契約となります。

  • Q. 相談する際に必要なものは?

    土地をお持ちの方は土地の資料があればお持ちください。

  • Q. イメージが具体的に無いのですが、一緒に考えてもらえますか?

    もちろんです。当社は設計事務所です。設計のプロがお施主様からお話を伺い 当社の省エネ設計という強みを生かしたご提案をいたします。

  • Q. 予算が少ないのですが、相談に乗ってもらえますか?

    予算内で、設計力を生かしたご提案出来るのが設計事務所の強みです。ご安心ください。

  • Q. 土地探しも手伝ってくれますか?

    土地選びは非常に重要です。土地を見て、直ぐにイメージ出来る設計事務所でないと正直土地探しは失敗することがあります。当社の方針として、土地選びはご同行させて頂いております。

お電話でのお申し込み・お問い合わせ
【受付】 平日9:00-18:00(土・日・祝日も対応可能)

072-812-3018