アトリエ18 一級建築士事務所 一級建築士事務所

  • アトリエ18のinstagram
  • アトリエ18のfacebook

設計士という選択

アトリエ18 一級建築士事務所

家づくりは、
選択と決断に
満ちています。

将来のこと、
間取りのこと、
お金のこと。

アトリエ18 一級建築士事務所 アトリエ18 一級建築士事務所

ほんとうに
これでいいの?
と迷ったら〝設計士〟に
相談してみませんか。

中立的な立場の、
設計士だからこそ
できる提案、
こだわりの家づくり。

アトリエ18 一級建築士事務所 アトリエ18 一級建築士事務所

あたらしい
「住まいのヒント」が
きっと見つかるはずです。

一級建築士
渡邊 和哉

アトリエ18 一級建築士事務所
アトリエ18 一級建築士事務所
アトリエ18 一級建築士事務所

家づくりは、
選択と決断に満ちています。

将来のこと、
間取りのこと、
お金のこと。

ほんとうにこれでいいの?
と迷ったら〝設計士〟に
相談してみませんか。

中立的な立場の、
設計士だからこそできる提案、
こだわりの家づくり。

あたらしい「住まいのヒント」が
きっと見つかるはずです。

一級建築士
渡邊 和哉

設計士という選択

18の強み 18 strength

家づくりにおいて「どんな住まいにするか」
と同じくらい大切なのが「誰に依頼するか」ということ。
ハウスメーカーでも、工務店でもない、設計事務所
という第三のパートナー“アトリエ18”の
強みをご紹介します。

設計士と建てる With designer

設計士と家を建てる。
それは“質のよい住宅を、
手入れをしながら大切に長く使う”という選択。
「住宅購入の優遇制度にはどんなものがある?」
「家づくりの流れは?」など、
家づくりにまつわる費用と施工の流れをご紹介します。

設計士と建てる

設計士と建てる

事例紹介 Works

窓から庭へ。
光と緑を取り込む家。

大阪府交野市

構造 : 木造2階建て
敷地面積 : 220.93m²(66.83坪)

星田の家

自然を楽しみたいけれど、外からの視線も気になる。

南向きの窓から望む、美しい木々。 絶好のロケーションですが、ここは多くの人たちが暮らす住宅街。 どれほど景色が美しくても、外を歩く人といつも目があってしまうようでは落ち着けません。 「窓からの景色を活かしつつ、外からの視線をカットしたい」という要望を叶えるべく、 塀の高さや距離感、庭の広さを細かく計算。 外からの視線を遮りながら、室内のソファに座った際に緑が最も美しく見えるように設計しました。

事例をみる

家族4人で暮らす、
アトリエ18代表の自邸

大阪府枚方市

構造 : 木造2階建て
敷地面積 : 110.80㎡(33.51坪)

一級建築士の自邸

光が入りにくい土地でも、
南の光をいれて家を暖めたい。

家づくりのスタートは、土地探しから。 我が家には小学校の子どもが2人いるので、子どもの通学や校区を最優先に考えました。 一般的な住宅街の場合は、隣の家との距離が近く 光を取り入れにくくリビングが真っ暗になってしまうのが難点です。 改善方法としては「吹き抜けをつくって1階に光を落とす」か「2階をリビングにする」の2択。 リビングを2階にすると「老後が辛いのでは?」と心配される方も多いのですが、 購入した土地は坂道が多いエリアだったので、室内の段差は 難しく考えすぎず「今、家族みんなが快適に暮らすこと」を最優先に間取りを検討。 1階に子ども部屋2部屋と寝室、2階のリビングを設けました。 省エネ住宅に欠かせない存在といえば、窓。 窓は多ければ多いほど、また大きければ大きいほどよいというものではなく、 光の入らない場所に設けられた窓はかえって部屋の中の熱を逃してしまいます。 そこで我が家では、お隣の家よりも高さのある天井部分に小さな窓を設けることで、 天井から風を通し光を落とす設計に。 家の外側には庇(ひさし)を設け、室内に入る日差しをカット。 光が入りにくい土地、窓の少ない部屋でも、夏は涼しく冬は暖かい省エネ住宅を実現します。

事例をみる

森の恵みと暮らす、
奈良県吉野郡の平家

奈良県吉野郡

構造 : 木造平屋建て
敷地面積 : 232.78m²(70.41坪)

奈良県吉野郡の平家

薪ストーブと煙突のあるリビングにしたい。

「昔から暖炉のある家に憧れていた」というご主人。 そこには、煙突の掃除の手間やランニングコストにも負けない夫婦の夢が詰まっていました。 ご主人の職業は、材木屋。薪の調達には困りません。 そんな夫婦の熱い思いが詰まった暖炉のそばには、掘りごたつを設置。 自然と家族が集う憩いのリビングが完成しました。

事例をみる

庭を介して、二世帯が
ゆるやかに繋がる家

大阪府和泉市

構造 : 木造2階建て
敷地面積 : 198.40m²(60.01坪)

景観と性能を両立した家

広い敷地を活かして、家庭菜園を楽しみたい。

ご主人のご両親が住む家との間に、設けた大きな庭。 家と家の間に余白を取ることで、二世帯住宅でありながら、 それぞれが思い思いの時間をのんびりと過ごせる空間が完成しました。 奥様は大の沖縄好き。 日差しが差し込む大きな畑なら、フレッシュな沖縄野菜も元気に育つはずです。

事例をみる

2022.08.25 自社について

Pick up

ひらつーに掲載されました!

こんにちは。最近、少し秋めく風を感じるスタッフMです。アトリエ18では、たくさんの方に知って頂きたいと思っております。なので、最近では ”ひらつー”(枚方つーしん)さんに紹介して頂いています。代表渡邊の自邸の紹介や、ダンボールハウス作成や事務所内で「お菓子の家?!」を作ったり、少年野球のコーチの様子……?等々謎なものもありますが(笑)アトリエ18の一面、いえ二、三面ほど見て頂けるのではないでしょうか。ご興味のある方、一度覗いて下さいねひらつーの記事はこちらから↓https://www.hira2.jp/ad/ateliereighteen-20210900.html

2022.11.28 施工・監理

地鎮祭

先日、地鎮祭に参加しました。地鎮祭は建築を行う前にその家で安全、安心に暮らしていけるように願う儀式です。施主様と工務店の方、設計士で一緒に儀式に参加します。 ↑地鎮祭のメインイベント『鍬入れの儀』の様子です 施主様のご希望や想いが、いよいよ形になっていく第一歩!竣工が楽しみです。ところで、地鎮祭の時に地中に埋める『鎮め物』、そういえば一体何が入っているんだろう?中身は、『人形(ひとがた)・鏡・玉・盾・矛・長刀・小刀』この土地で幸せに暮らしていけるように、厄除けと繁栄を願い神様に捧げる7つの供物が入っているそうです。が、中身は絶対に開けてはいけないそう。昔話にもあるように大事なものは見てはいけない、開けてはいけない!ですね。

2022.11.21 自社について

購入したもの

こんにちは。私は最近、近所の公園、京都、比叡山など紅葉を追い求め歩きまくり、秋満喫中でございます。皆様はどんな風にお過ごしでしょうか。ところでアトリエ18では最近......... ジャーン!空気清浄機を購入致しました。よくCMでも見るやつですね。効果のほどはスタッフでまた確かめてみたいと思います。存在感は半端ないですね。

2022.11.02 自社について

10月出前Day

もう11月になってしまいました。10月の出前、またもや写真撮るの忘れました、、、あーだこーだと言いながら、前回の出前デーでお世話になったお店の別メニューを頂きました。私はオムライスを頂きました。美味しかったです!ごちそうさまでした。実はオムライス(ケチャップオムライス)は大阪発祥って知っていますか?大阪市の「北極星」という洋食屋さんで大正時代にお客様のために考えられた特別メニューだったそうです。それでは最後に建築事務所らしく、建築関連のお話を。オムライスが生まれた大正時代の歴史的建築物を1つご紹介。 東京駅設計:辰野金吾東京駅は当時から免震構造だったそうです!すごいですね。

2022.10.27 自社について

淀屋橋へ

こんにちは、スタッフMです。先日書類の提出に淀屋橋にある大阪市役所へ行きました。 ↑こちらはgoogle マップより 天気もよく、淀屋橋から土佐堀川を眺めると空の青とビル群、向こうに見えるのは生駒山。気候もよく、時の止まった時間を少々過ごしてしまいました。 こちらが大阪の中之島にある大阪市役所です。入り口には大阪万博ミャクミャクの看板も見えます。現在の建物は1986年完成、36年前に建造されたようです。現庁舎は旧庁舎のイメージを継承するとともに、日本銀行大阪支店・中之島図書館・大阪市立中央公会堂など、歴史的な風韻ある建築群との調和を保つことを大切なテーマとし大手の日建設計が設計しています。とても重厚な建築物です。これからの季節にはライトアップなどもあるそうです。 正面には日本銀行大阪支店があります。1903年に建築された歴史主義建築(西洋の過去の建築様式を復古的に用いて設計された建築)です。100年以上前の建築に携わった方達は、大切に残されているこの建物をどう思うのでしょうか。歴史を感じます。また面白い建築をご紹介できたらと思います。

2022.10.14 設計

断熱材のお話

こんにちは。短い秋の季節を楽しもうと計画してニヤニヤしてるスタッフMです。今回は断熱材のお話です。 家を建てる上で断熱は「大変重要」なものです。断熱材は熱を遮断するだけではなく、家の中で快適に過ごすための役割も果たしています。◎冷暖房費の節約 夏は外部の熱を遮断、冬は室内の暖気を逃さない。 これはよく言われる事ですね。◎湿度の調節 人が快適と感じる環境で大きく関わるものは「湿度」です。四季のある日本では、断熱材の調湿作用で家の寿命を延ばすという役割もあります。健康にも影響があります。断熱材の種類によって特徴は異なりますが、種類別の特徴を把握しておけば、さらに快適な環境をつくることができます。電気代等のコストも気になりますが、家を長持ち快適に過ごす事を考えれば「断熱材」は素材だけではなく、しっかりと施工されている事も注視が必要です。仕上がってしまうと施工状態がわかりません。ご自身でも確かめたり、しっかりと信頼関係の築ける会社や、建築士さんにチェックしてもらい大切な家を作りたいですね。

設計びより

日々の作業の中から、
アトリエ18らしさを感じる
出来事をまとめています。

一覧をみる

biyori

お客さまの声

お問い合わせContact

難しいご要望も、設計事務所なら
解決できるかもしれません。
相談料は無料ですので、まずはご相談ください。

お問い合わせの前に

  • Q. 設計を依頼する手順は?

    先ずはメール・電話にてお問い合わせください。土地をお持ちの方は土地の調査から。土地をお持ちでない方は土地探しからお手伝いします。資金計画をアドバイスし、その後ベストなプランをご提案。ご納得頂いてから設計契約となります。

  • Q. 相談する際に必要なものは?

    土地をお持ちの方は土地の資料があればお持ちください。

  • Q. イメージが具体的に無いのですが、一緒に考えてもらえますか?

    もちろんです。当社は設計事務所です。設計のプロがお施主様からお話を伺い 当社の省エネ設計という強みを生かしたご提案をいたします。

  • Q. 予算が少ないのですが、相談に乗ってもらえますか?

    予算内で、設計力を生かしたご提案出来るのが設計事務所の強みです。ご安心ください。

  • Q. 土地探しも手伝ってくれますか?

    土地選びは非常に重要です。土地を見て、直ぐにイメージ出来る設計事務所でないと正直土地探しは失敗することがあります。当社の方針として、土地選びはご同行させて頂いております。

お電話でのお申し込み・お問い合わせ
【受付】 平日9:00-18:00(土・日・祝日も対応可能)

072-812-3018