アトリエ18 一級建築士事務所 一級建築士事務所

  • アトリエ18のinstagram
  • アトリエ18のfacebook

設計びより

2022.10.07 設計

「軒」で夏は涼しく冬は暖かく

「軒」で夏は涼しく冬は暖かく

こんにちは、食欲に負けそうに…負けてしまうスタッフMです。今回は「軒」のお話です。 伝統的な日本家屋には、たくさんのメリットがあります。例えば「軒(のき)」はご存知でしょうか。「軒」は家を守る効果や機能性に優れています。 軒は「日射」に関係 ①夏は涼しく日中は太陽が高位置にあり、ほぼ真上から日差しが差込みます。軒は強烈な日差しを遮り、日差しによる室温の上昇を防ぎます。②冬は暖かい冬場は太陽の位置が低く軒があっても、低い位置から日光が差すため太陽の光で部屋を暖めます。では夏の日射を防ぐと暗くなるのでは…?と思いますが、明るさは、「日照」=光の効果「日射」=熱的効果とはまた違うもので一概に暗くなるとは言えないのです。アトリエ18では「軒」を上手く活かし、「日照と日射」のバランスを得意としています。(宣伝!下手ですね~)「軒」は他にも外壁の劣化を遅くし、雨漏りのリスクも低減するんですよ。最近の新築の戸建住宅の多くはデザイン的な理由でスクエア型の家屋が増え、「昔ながらの日本家屋」の新築はめっきり減っています。日本家屋の良さも、もっと伝えられたら良いなーと思います。

2022.10.05 施工・監理

建築吉日

建築吉日

以前に着工日にはいつがいいの?という話を載せましたが、今日は吉日にこだわりたい方におすすめの話です。大安や吉日が記されいる六曜はご存じの方が多い暦注ではないでしょうか?六曜は太陰太陽暦で,吉凶を定める基準となる六つの日でしるされています。本日ご紹介するおすすめの暦は『十二直』です。私はこの暦、まったく知りませんでした。『十二直』は建築関係で伝統的に使われている暦だそうです。北斗七星の動きを見て吉凶を決めます。何だか神秘的な感じがします。方位は十二支を当てはめていたようで、12種類あります。 建(たつ) 除(のぞく) 満(みつ) 平(たいら) 定(さだん) 執(とる) 破(やぶる) 危(あやぶ) 成(なる) 納(おさん) 開(ひらく) 閉(とづ) この中で縁起のいい日は、、、建・・・万物を建て生じる日。建築においてほぼ全ての事が◎。※土を動かすこと、蔵開きのみ凶。満・・・全てが満たされる日。引っ越しや新しいことを始まるのに◎。※土を動かすのは凶。平・・・物事が平らになる日。地固めや道路の舗装が吉。定・・・善悪が決まる日。引っ越しが吉。成・・・物事が成就する日。建築が吉。開・・・開き通じる日。建築や引っ越しが吉。暦や風水が気になる方は参考にしてみて下さい。ちなみに、2022年の10月は六曜の大安と『十二直』の吉日が重なる日が4日もある、とてもラッキーな月です。10/10、10/16、10/22、10/26に建築関係の何かをされようとしている方、やりましたね。今回は建築吉日のお話でしたが、私は‘思い立ったが吉日’です。

2022.09.30 自社について

出前

出前

月に一度の出前デー 今日は過ごしやすい気温ですね。アトリエ18では月末、全員が出勤する日に社長が出前をとってくれるというスペシャルな日があります。どんな出前にするのか、毎回悩みどころですが、今回は社長が通りがかりに発見したお店に決定しました。今週は『牛肉の赤ワイン煮弁当』。お肉が口の中でホロホロとくずれるほど、しっかり煮込まれていてとても美味しかったです。ごちそうさまでした。一番新人の私は、贅沢させてもらうことに恐縮しつつ、毎月楽しみにしているイベントです。

2022.09.20 設計

着工のタイミングって??

着工のタイミングって??

こんにちは。まだ日中は暑い日もありますが、コンビニなんかでも栗やお芋の商品が並んでいて秋支度をしていますね。今日は家を建てる時いつ建て始めるのがいいの??どのくらいの期間で家は建つの??というお話です。 お子様がいらっしゃるご家庭は『新学期に合わせたい』などあるかなあと思います。風水が気になる方もいるはず!まず期間ですが、着工してから家が建つまでには5か月かかります。次に、避けた方がいいポントがあります。(ダメということではありません) 1⃣ 基礎工事のコンクリート打ちは暑すぎる、寒すぎる時期2⃣ 骨組みを組む時梅雨時期と台風シーズンじゃあいつ着工するのが一番いいかというと、2~4月頃と9~11月頃がよさそうです。秋に着工すると、新学期や新年度も新しいお家で始めることが出来ますね。これから家を建てる事をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

2022.09.15 自社について

スタッフ紹介

スタッフ紹介

こんにちは。秋は訪れたい所がいっぱいのスタッフMです。今回はスタッフの紹介をしようと思います!アトリエ18には建築を学んでいるアルバイトの大学院生がいます。先日企業へインターンシップに参加し、得たものが沢山あったようです。将来の展望を持てる良い体験をした彼は、これからもっと成長していくと思います。私の学生時代には、インターンシップなんてなかったなぁ…としみじみ時代を噛みしめておりました。頑張れ!

お客さまの声

お問い合わせContact

難しいご要望も、設計事務所なら
解決できるかもしれません。
相談料は無料ですので、まずはご相談ください。

お問い合わせの前に

  • Q. 設計を依頼する手順は?

    先ずはメール・電話にてお問い合わせください。土地をお持ちの方は土地の調査から。土地をお持ちでない方は土地探しからお手伝いします。資金計画をアドバイスし、その後ベストなプランをご提案。ご納得頂いてから設計契約となります。

  • Q. 相談する際に必要なものは?

    土地をお持ちの方は土地の資料があればお持ちください。

  • Q. イメージが具体的に無いのですが、一緒に考えてもらえますか?

    もちろんです。当社は設計事務所です。設計のプロがお施主様からお話を伺い 当社の省エネ設計という強みを生かしたご提案をいたします。

  • Q. 予算が少ないのですが、相談に乗ってもらえますか?

    予算内で、設計力を生かしたご提案出来るのが設計事務所の強みです。ご安心ください。

  • Q. 土地探しも手伝ってくれますか?

    土地選びは非常に重要です。土地を見て、直ぐにイメージ出来る設計事務所でないと正直土地探しは失敗することがあります。当社の方針として、土地選びはご同行させて頂いております。

お電話でのお申し込み・お問い合わせ
【受付】 平日9:00-18:00(土・日・祝日も対応可能)

072-812-3018